STAFF BLOG

お肌 と 紫外線 と 雪ざらし☀

こんにちは、企画担当N🌷です。

毎年5月頃から、テレビや雑誌でも紫外線対策が話題になりますね。

 

本当は一年中気を付けないといけないということは、結構ご存知の方も多いかと。

紫外線はA波とB波があり、B波はまだ冬季は少ないですが、A波は冬も結構降り注いでいます((+_+))

ここ十日町市は豪雪地帯のため、冬の間は太陽を拝める日がとっても少ないですが、

しかし油断大敵! 滅多にないとは言え、雪がある状態での晴れた日の紫外線と言ったらもう大変!

雪に太陽の光が当たって四方八方に反射するので、まぶしいし日焼けするし💦

車を運転する際は、日焼け止めはもちろん、サングラスだって必須です😎

 

余談ですけど、この地域の着物には「雪ざらし」という伝統的な技法があるんです。

「越後上布」や「小千谷縮」と呼ばれる最高級の麻の反物を、晴れた日の雪の上にさらすのですが、

人間のお肌と違って、なぜか白くなるのです\(◎o◎)/!

実は反物を白くするのは、紫外線ではなく「オゾン」です。

太陽に暖められた雪が蒸発するときに、オゾンを発生させ、それが反物を白く美しくしてくれるのです。

   いいなあ・・・

同じように人間が雪の上にさらされたら、真っ黒になっちゃいますね(T_T)

 

余談は置いといて、美肌と健康のために、一年中対策が必要な紫外線☀

SPFとPAの数値が高い日焼け止めクリームを塗れば大丈夫でしょ?

とお考えの方も多いですが、ちょっと待ってくださーい!!

 

海とか山とか、もろに紫外線浴びまくりの所に行く日はともかく、

日常的にSPF50とかPA++++などの数値が高い物を使うのは・・・あんまりおススメしません💦

毎晩使った所を石けんやボディシャンプーの前に、クレンジングを使って落とさないと、お肌に残ってトラブルの原因に😢

市販のお子様用の日焼け止めには、強い成分は使われていないですが、

ママが使っていれば、触れている部分からお子様に影響する可能性も、決してゼロではないです・・・

 

日常使いは安心安全な成分の物を使いましょう。

絹生活研究所のUVミルクローションは、SPF27 PA+++

安心安全な成分を使用しているのに、結構高めな数値です。

その秘密はもちろん、「みどり繭」

 

繭って、中で眠っているサナギを虫や鳥などの敵から守っているように見えますが、

実は一番怖いのは太陽! つまり紫外線!

通常の白繭も紫外線をカットすると知られていますが、実は白繭は紫外線B波のみ。

絹生活研究所が自社内で育てている無菌養蚕「みどり繭」はA波もB波もカットします。

そのため、優しい成分で作られているのに、SPF27 PA+++ という、日常使いでは十分な数値なんです✨

しかも、石けんで落とすことができますし、お子様にだって安心してお使いいただけます。

 

紫外線が気になる方、どうぞご検討くださいね~

 

絹生活研究所 UVミルクローション

SPF27 PA+++

30ml   3,000円(税抜)