STAFF BLOG

みどり繭&白繭 セリシン溶液比べてみました !

こんにちは 企画担当Nです🌷

絹生活研究所の主要原料である無菌養蚕『みどり繭』✨
自社工場で生産しているので、品質の良さ、清潔さなど、よ~~~くわかっております。

 

ただ、一つだけ問題が・・・

私たち、この黄緑色を見慣れちゃってるんです (;^_^A

なので、会社見学のお客様から着色しているんですか?」😲聞かれると、

そういえば、普通の繭は白いのだった!!と改めて思い出したりしてます。

この黄緑色こそが、抗酸化成分フラボノイドの証!

フラボノイドは緑色の色素でもあるので、この色がついていればフラボノイドたっぷり!

 

さてそんな訳でいきなりですが、みどり繭と白繭を比較した、ある実験をお見せします(^^♪

 

じゃん!!

 

はい、これはなんでしょ~~~ (^^)

これはセリシン溶液と呼ばれる物です。
繭にはセリシンとフィブロインというタンパク質があり、いわゆる絹糸がフィブロインです。
そしてセリシンには、当社の化粧品にとって大切な成分がたっぷり含まれているので、主要な原料としています。

化粧品を作る時は、もちろん専用の工場でセリシン溶液を作成しますが、
実は少量なら自分でも簡単に出来るんですよ!

セリシンはお湯に溶けやすい性質ですので、40~50度程度のお湯で10分くらいでこの状態。

そして、もうお分かりですよね(^ω^)

左の無色透明が「白繭」
右の緑色の方が「みどり繭」

お湯につけた直後はこんな感じです↓

10分放置後に繭を引き上げると、

みどり繭は、セリシン部分にフラボノイドをたっぷり含んでいます。

フラボノイドは緑色の色素。そしてセリシンはお湯に溶けやすい。

引き上げたみどり繭の繭玉は、色素が抜けてだいぶ白っぽくなってます✨

使った繭は、みどり繭はもちろん白繭も当社で育てたものです。
環境も同じ。エサも同じ。でもこんなに違いが出るんです。

科学的にいろいろ調査をしていますが、やっぱり生き物の世界って不思議。神秘✨

そして、この溶液は、美容成分そのもの(ΦωΦ)フフフ…

お肌の気になる所につけたり入浴剤にしたり。

こんなことできるの生産者だからでしょ?とお思いの方。

ちゃ~んと繭玉だけの販売もありますよ★

みどり繭 まゆ玉(5個入り)600円(税抜)

ご興味のある方、ぜひお試しを~~~ (^^♪

 

ONLINE SHOP