STAFF BLOG

奇跡のさくら その1

こんにちは企画担当のGです!☺

わが社のソメイヨシノ🌸がとうとう散り始めてしまいました😭

この桜の樹齢は今年で112年になるそうで、確かに幹が太い!

なんだか威厳すら感じます。

実はこの桜、他のところから移植されたもので、ちょっとした奇跡の桜なんです。

 

 

今からおよそ26年前、この十日町市に新しいショッピングモールが出来るとの

ニュースが流れました。その建設予定地には地域の名物ともいえるほど、

それはそれは見事な桜の木がありました。

桜を残して欲しいと1,500人を超える署名が集まり、オーナーさんも何とか他所へ

移植しようと色々な業者さんをあたってみたのですが、年老いた大木の移植は

なかなか難しく引き受けてくれる人はいませんでした。

 

 

桜の花は散り、葉の生い茂る季節、新聞にひとつのメッセージが

掲載されました。

「この桜を残すのは多くの理由から難しく、代わりに桜並木を作る

のでどうかご理解ください」といった風の内容だったと思います。

桜の木は葉が生い茂ってからの移植は若木でもほとんど成功せず、

この古く大きな桜はでは間違いなく根付かないとのことでした。

 

 

それを見た我らが社長は、何とか桜を助けたいという思いに駆られ

オーナーさんのもとへ。

社長は以前、その近辺に工場を借りていた時期があり、この桜を

毎日見上げながら出勤していたそうです。

そのあまりの見事な姿に惚れ込み、尊敬の念すら抱いていたと聞きました。

 

 

社長も知る限りの業者さんを当たってみましたが、どこも「出来ない」

の一言。そこで、一度断られた知り合いの造園業者に掛け合い

「失敗しても費用は全額支払います」と一筆し、挑戦してみることに。

その業者さんも、この時期の桜の移植はタブーとされているため経験が

なく、この滅多にない機会にチャレンジしてみたかったそうです。

オーナーさん自身がこの桜に特別な思い入れがあったこともあり

「そこまで言うならあなたに賭けてみよう!」と、すんなり無償で

桜の木を譲ってくれました。

 

 

さあ、いよいよ移植本番です!

 

つづく

 

<<奇跡のさくら その2>>

 

ONLINE SHOP

 

企画担当G