STAFF BLOG

消毒と手荒れ-おススメのハンドクリーム活用術✨

こんにちは、企画担当N🌷です。

新型コロナ、新潟県での発症者が出ましたね。
十日町市はまだ一人も出ておりませんが、当社でも厳重な対策をしております。
その一つとして、頻繁な手の消毒。
玄関はもちろん、各フロアの出入り口に消毒剤が置いてあり、全社員毎日何回も両手を消毒しておりますよ。

もともと社員の10%以上は障害者であり、感染症に弱い方々もいるため、普段から衛生面では気を付ける体制ができているので、手の消毒もみんな率先して行っております。

けれど、手がガサガサになるのはツライ💧
化粧品部隊としてはとってもツライ…(´;д;`)

毎日、消毒液 VS ハンドクリームという攻防戦が手の上で繰り広げられてますが、どうしたってハンドクリームの負け。

手洗いに使用しているのは絹生活研究所の石けんなのですが、セリシンが肌に残ることがわかっており、通常の使用では手が保湿されて、しっとりツヤツヤになります。
でも、あまりにも頻繁な消毒薬には白旗…ああ悔しい。
その内、みどり繭を使って肌の潤いを保ちつつ、アルコールより肌を荒れさせないハンドジェルを開発しちゃうぞ…と、
熱い野望を抱きつつ、荒れた両手を見つめている毎日。

そこで思い出したのです。クリームの効果を物理的に高めりゃいいんじゃ!と。

必要なものは、

①ハンドクリーム

②綿100%の手袋 

③薄手のビニール手袋

 

これだけ。

①+②、または①+③をお勧めするケースが多いですが、私のお勧めは①+②+③全部。

まず、

1)ハンドクリームをこれでもか! というくらい手に塗りまくります。
絹生活研究所にはまだハンドクリームが無いので、ワセリンや他社のハンドクリームを
これでもか!というほどベッタベタに塗り込めます。

2)綿100%の手袋をはめ、その上にビニール手袋をはめてください。
ビニール手袋は、なるべく薄手のピタピタのタイプがいいです。
綿100%の手袋の上にはめるのは苦労しますが、無理やりねじ込んでください。

これで完成。

このまま寝てもいいし、家事をしてもいいです。
数時間経ってから手を見てみてください。
ツヤッツヤですよ(^v^)

これの良いところは、洗い物をしたりできることと、手袋をはずしたい時にラクにはずせることです。

ビニール手袋だけだと、はずすのに結構苦労しますが、内側に綿の手袋を入れてあると、スポーンとはずせるし、
はめるときはシャキーンとスムーズに入れられます。

この方法、遡ることン十年前、学生だった頃に編み出した方法です。
当時、なぜか私は山の中で穴を掘り、土壌の勉強をしておりました。
持ち帰った大量の土壌サンプルをバットに開け、自然乾燥させた後に、枝や葉など不要なものを手で取り除きます。
来る日も来る日も土いじり。
徐々に私の手は潤いは失い、20代女子としては悲しくなるほどの手荒れっぷり。
素手で土の状態を確認しながら作業した方が良いので、頑張っておりましたが、
ある日、皮ふから血が滴るほどひび割れたのを見て、もうダメ~~~~💦となり、作業はゴム手袋をはめて行うことにしました。

そして、ドラッグストアにかけこみ、特売だったハンドクリームを購入。
オマケで綿100%の「お休み手袋」がついていたので、事務作業の時間はクリーム+「お休み手袋」をはめ、
土いじりの際はゴム手袋に変更……と繰り返している内に、ズボラな私は「お休み手袋」をはめたままの手を、ゴム手袋にねじ込んでみた所、

あら、とっても楽…

というわけで、当時ガサガサ血だらけだった私の手は救われたのです。

 

さあ、消毒薬と日々戦っている今こそ、この方法の出番です。

ちなみに、ちょっと贅沢ですけど絹生活研究所の美容クリームでもバッチリですよ!

顔用のお高いものなので、ちょっとドキドキですけど、みどり繭のセリシンは顔でも手でもしっかり保湿力を発揮してくれるスグレモノ✨

手洗い直後にそのままクリームでも良いですが、お顔と同じく、化粧水で潤いを与えてからクリームを塗ってあげれば更に潤いアップ。

日々頑張っている両手にも、たまには贅沢を(^^♪

 

絹生活研究所 美容クリーム 40g 7,000円(税別)

 

絹生活研究所 化粧水 150ml 5,000円(税別)

 

 

ONLINE SHOP

タグ: , , , , , , , , , ,