STAFF BLOG

アートの里 十日町市🎨

皆さんこんにちは!

企画担当のGです👩

 

以前の記事で少し触れた、十日町市で3年に1度開催され、世界最大級の国際芸術祭として

広く知られている「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」 🌞

この地域に住んでいると、作品を観に行ったりしなくても普段の生活の中にアートが溶け

込んでいて、そういえばこれもそうだったなーなんて思うことが多いです(*´ω`)

 

 

例えば、雪国でよく見かける玉ねぎやかまぼこの形をした車庫や倉庫。

大地の芸術祭では「かまぼこフェイス」という名で作品として生まれ変わり、道行く人を

楽しませています✨

壮大な自然をバックに、歯っ欠けスマイルでお出迎え🤣

こんな車庫が点在している地域もあります🙋

 

おっと、これはただの亀です🙄

 

行くところ行くところで芸術祭の黄色い看板を目にするので、何も決めずにまわってみる

のも楽しいですよ~(*´з`)

 

大地の芸術祭の拠点の一つでもある「越後妻有里山現代美術館 キナーレ」の中にある

ミュージアムショップでは大地の芸術祭オリジナルアイテムを販売しているだけでなく、

実は絹生活研究所製品も置いてあるんですよ🧴✨

大地の芸術祭にお越しの際には、ぜひミュージアムショップにもお寄りくださいね🙋

[越後妻有里山現代美術館 キナーレ公式web]

 

 

絹生活研究所公式オンラインショップもぜひ👇